100円ショップは企業努力で低価格に

日本の景気は回復しているとされていますが、安いものを上手に使って生活するという流れはバブル景気が破たんしてから今までずっと続いています。店内に売られているものすべて100円という100円ショップがこれほどまでに受け入れられたのも、景気があまり良くなく、限られた予算のなかで生活していかなければならないという背景があったことによるものです。100円ショップで売られているものは安いだけでなく、本当に使えるものに厳選されています。企業努力によって100円という安い価格での販売を可能としているもので、けっして「安かろう悪かろう」といったものではありません。

100円ショップは最近では日本を訪れる外国人観光客がお土産を買う場所としても人気となっています。外国人がお土産として何を買うかを研究して商品開発を進めた結果でアあり、企業努力の成果です。100円ショップは独自に商品開発をしたり効率的な生産を追及したりすることによって、売れる100円商品を作り出しています。

安い服は幅広い年代の女性のものに

お金をかけずにおしゃれを中学生や高校生などはオシャレに興味はあるものの、それほどお金をかけることができません。自分でお金を稼いでいるわけではないので、好きに使えるお金と言えば両親などからもらうお小遣いだけしかないからです。必然的にお金をかけずにオシャレを楽しむことが必要になります。このようなティーンズにとっての救世主となっているのが、安い服です。

安い服を着るのは子供や若い年代に限られていたのは昔のことで、最近は30代や40代、さらに上の年代でもプチプラのファッションを楽しむ人がたくさんいます。主婦向けの雑誌やテレビ番組でも制限された金額内で全身をコーディネートするという特集が多く組まれています。またインターネットでも安い服を使ったコーディネートを毎日のように発表するブログがたくさんあります。

ファッションを楽しむにはチャレンジ精神が必要

女性はファッションが大好きです。いろいろな洋服を身に着け、そのときどきの最先端のおしゃれを楽しみたいと思っています。もちろん流行にも敏感で、さまざまなアンテナを張り巡らせています。常に感度を高くし、自分に似合いそうなものを探し続けています。

どんなに自分にぴったりとあうファッションと巡り合ったとしても、常に違うもの、もっと似合うものを探し続けています。次々と新しいデザインの洋服やアイテムが出てきますし、流行も変わっていきます。おしゃれでい続けるためには、いつもいつも新しい洋服や雑貨、アクセサリーを試し、自分に合うかどうかを見極めていかなくてはなりません。

高い買い物はどうしてもビクビクしがちに

新しいものは自分に似合うかどうか、簡単には判別できない場合があります。たとえば洋服を買いに行き、フィッティングルームで試着してみたとします。そのときは似合うと思って購入したとしても、家に帰ってみたら何か違うと感じることはよくあります。また合わせる洋服がなくてそのままタンスの肥やしとなってしまう場合もあります。フィッティングルームと外の光では色が変わって見えることもあり、自分の肌や髪の色とは合わないこともあります。

高価な買い物で失敗すると、大きな痛手となります。そうなることを恐れると、気軽に買い物を楽しむことができません。せっかく新しい洋服などを選ぶのに、失敗したときのことを心配しながらではワクワクした気持ちも吹っ飛んでしまいます。女性にとって買い物はストレス解消の意味もあるのに、逆にストレスを生み出してしまいます。

プチプラなら気軽に新しいものに手が出せる

プチプラであれば失敗したとしても、大事にはなりません。それだけ気楽に、自由に洋服などを選ぶことができます。それまで身に着けたことのないようなテイストのものにも挑戦することに対するハードルもグッと下がります。新しい自分を発見するチャンスも広がります。

新しいファッションを身に着けるのは、とても楽しいものです。プチプラであればどんどん違うものに挑戦することができます。

プチプラの魅力はいったいどこにある?

100円ショップの商品や安い服はプチプラと呼ばれ、男性よりも女性から好まれています。なぜ女性はプチプラにこんなにも魅力を感じてしまうのでしょうか?プチプラが女性に大人気となって秘密を探ってみましょう。

Copyright © 女性がプチプラ、安い商品が大好きな理由. All rights reserved.